システムエンジニアの目標

どんな仕事であっても、目標がなければやる気を失ってしまうものです。とりわけシステムエンジニアは長時間労働が多く、労働のための労働をしているような気分になって、自分がどうして働いているのか時に見失ってしまうことがあります。

目標設定を明確にすることによって、たとえ単調な仕事であっても身を入れて取り組むことができるようになります。たとえば、キャリアアップを考えて仕事に臨んでみても良いでしょう。システムエンジニアのキャリアにはさまざまな種類があり、主に現場で活動するタイプの一般的なエンジニアもいれば、システムコンサルタントと呼ばれるエンジニアを指導する立場に立つキャリアもあったりします。技術屋として一人前になることを目標にしても良いかもしれませんが、エンジニアとしてのキャリアを構築して、使われる側から管理する側へと回るのも目標として決していやしいものではありません。

もちろん、自分はあくまで職人肌だと感じているのであれば、技術屋としてのスキルを徹底的に磨くということを目標にしても良いでしょう。エンジニアの仕事はやはり専門性の高い職人気質な仕事ですから、仕事を極めるためには生半可なことでは立ち行きません。しかしそれだけに、極めようとする試みには価値があると言えます。多くの技術を習熟したシステムエンジニアは、職人として尊敬されるべき存在です。このように、目標を定めてそこへ邁進するようにすると、大変な仕事でも苦ではなくなるというものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です